知るべきこと

発熱

うつ病は、抗うつ薬とカウンセリングを受ける前に知るべきことがあります。
それは、早期に医師に相談し、心をできる限り休ませることです。
普段から、リラックスするようにしましょう。

休息

黒い薬

うつ病の治療として、抗うつ薬とカウンセリングを行いますが、より高い効果を得るためには休息が必要になります。
うつ病は、こころの休息ができないために引き起こされる症状です。

・休息
うつ病の悪循環から抜け出すためには、こころに休息を与えることが必要になります。
そのため、こころに負担を与える原因を取り除く必要があります。
専門の医師は、カウンセリングによって何が原因なのかを探ってくれます。
そのため、休むべきことを知ることができます。
また、患者や周りの家族などが、休みが必要な時期であることを理解する必要があります。

最終的には、社会に復帰できるようになることを目指します。
休みながら、少しずつリハビリを行っていく必要があります。

抗うつ薬

茶色い錠剤

うつ病の治療では、抗うつ薬とカウンセリングを中心に行われます。
抗うつ薬には、SSRI、SNRIがあります。

・SSRI
SSRIは、セロトニンの利用を高めるための薬です。
セロトニンは、本来人間がリラックスした時に出る物質です。
しかし、うつ病になるとこのセロトニンが分泌されなくなってきます。
SSRIによって、脳内の働きを改善できます。
ただし、副作用として、吐き気を催すことがあります。

・SNRI
SNRIは、セロトニンとノルアドレナリンの利用を高める薬です。
ただし、副作用として尿があまり出なくなることがあります。
この薬によって、脳の働きを改善することができます。

・三環系
SSRIとSNRIが使用される以前は、三環系抗うつ薬が使われることが一般的でした。
副作用として、口が渇く、便秘、尿があまりでなくなり、頭がぼんやりすることもあります。
現在でも使用されています。

これらの薬を症状に合わせながら、医師が処方してくれます。
抗うつ薬は、効果を実感するのに1,2週間必要だといわれます。
そのため、すぐに服用をやめないように注意する必要があります。
少しでも効果を実感し易いように、睡眠導入薬と安定剤を併用することが多くあります。

治療法

病院の絵

うつ病を治療するためには、まず専門医により受診する必要があります。
治療法としては、カウンセリングの他に、抗うつ薬を服用することがあります。

・治療
治療の原則は、服薬と休息だと言われています。
服薬には、抗うつ薬の他に、睡眠導入薬や安定剤などが含まれます。

抗うつ薬でよく使われているものは、SSRIとSNRIです。
この二つの薬は、脳内のセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質に働きかけます。

受診

救いの手

うつ病ではないかと思ったら、早めにカウンセリングを受ける必要があります。
これは、うつ病が悪循環に陥る可能性が高く、自殺につながることがあるためです。

・受診
うつ病の症状の一つになんでも否定的・悲観的に見てしまうことがあります。
そのため、医者の受診を否定的に捉えがちな傾向があります。
しかし、自殺してしまう人の多くが専門医の受診を拒否する、薬の服用をやめてしまうことに問題があります。
放っていると、「自分が世の中から不要だ」という思いに陥ってしまうことがあります。
自殺以前に、離婚や辞職など社会からも遠ざかってしまうことになってしまいます。
そうならないためにも、早期の治療が必要になってきます。

「医療受診に否定的なのは当然」だということを、本人も含め、患者の周りの人々が理解しておく必要があります。
専門医は、さまざまな原因から治療につなげていくことができます。